So-net無料ブログ作成
材料加工 ブログトップ

カンナ削り台 [材料加工]

先日、教師道場でカンナ削りの話題になったのです。
子ども達にとって、カンナ削りはかなり難易度の高い作業なのです。
私も、ここ数年カンナ削りはやらしていなかったので、興味津々に授業を拝見させてもらったのです。

そして、やっぱり上手に使いこなせないので、加工精度が落ちてしまいます。
担当教授から、治具を使うことや、カンナを机の上に横向きに置くことなどが話され、
私たちも実際にやってみました。
木材の下に濡れぞうきんを1枚置くと滑らずに削れると教えられ、やってみたところ
効果大!

そして学校に戻ってから作ったのがこの簡易型カンナ削り台です。
photo3.jpg

裏面には¥100ショップで買った滑り止めを貼っただけです。
phtot2.jpg

それでも、滑らずにサクサク削れますよ!
photo1.jpg

しかし、プロの大工さんですらカンナを使わない時代です。
現代技術で必要なスキルとしては、電動工具や接着剤、ネジによる接合だと思うのですが・・・
伝統的な木工技術は果たして教える必要があるのか?
そして、ものづくりの基礎基本とは何なのか・・・

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

樹脂標本の作製 [材料加工]

久しぶりに樹脂成形をやってみました。
きっかけは、この夏しこたま捕まえたカブトムシやクワガタです。
カブトムシの一匹がお亡くなりになったので、せっかくなので
樹脂で標本を作ることに・・・

昔、樹脂を使ったキーホルダーやペンスタンドの教材がキットとして販売されていたのですが、最近あまり見かけません。
「材料と加工」ではプラスチックも扱うはず・・・手頃な教材で良かったのに・・・

近所のホームセンターで樹脂と硬化剤を購入
樹脂は1kgで¥2000〜¥3000 硬化剤は100gで¥1000程度でした。
P1060175.jpg

他に用意するモノは、
計量カップ、はかり、撹拌するもの、型に使うタッパーなどなど・・・
だいたいは百円ショップで購入できます。
P1060177.jpg

百円ショップで買った「電動ホイップ機」が撹拌にGOODです!
P1060176.jpg

まずは、樹脂の準備・・・
樹脂100gに対して、硬化剤0.5g〜2gを入れて撹拌します。
夏場は硬化剤を少なめに・・・
P1060180.jpg

タッパーに封入するもの(カブトムシ)を入れ、樹脂をゆっくりと入れていきます。
P1060181.jpg

気泡があっても、時間が経つとなくなります。
P1060182.jpg
P1060183.jpg

約1時間で硬化しますが、特に硬化する際には熱が発生します。
そして・・・
事件は、突然発生しました・・・

P1060184.jpg

どうやら硬化剤の量を間違えたらしく、樹脂が割れてしまいました。
と、同時にものすごい熱が発生し、焼けたカブトムシの臭いが・・・
う〜強烈な臭いだぁ・・・

日を改めて、リベンジします・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
材料加工 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます